2017年11月1日(水)  7時;開演

大谷 環ギターコンサートVol.26
CANZONETTA」

近江楽堂(東京オペラシティ3F)
 
前売り;3,600円(当日;3.900円) 中学生以下;1,000円
 

 チケットお申し込み・お問合わせ 
ギターショップG&M
03-3332-3165
gam1@nifty.com
◇お願い;携帯電話・スマートフォンからメールでお問い合わせ頂きます際は、
G&Mのメールアドレスを受信できるように設定をお願いいたします。

大谷 環ギターコンサート 近江楽堂 G&M 西荻窪   
ギターソロ;大谷 環
おかげさまで、このコンサート、26回目を迎えることになりました。

毎年なにかプログラムの芯になるような一曲を選んで、
それを中心に組んでいくということをやっています。

今年のメインは「ミランの主題による6つの変奏曲」
(ホアキン・ニン=クルメル)です。
ニン=クルメルはその父が作曲家のホアキン・ニン。
母親は歌手ローサ・クルメル。
姉がフランス文学大物のアナイス・ニン。という天才一家の一人でした。

当時最も現代的な作曲家であったファリャに学んだホアキンが、
キューバのギタリスト、レイ・デ・ラ・トーレのリクエストに応えて書いたのがこの変奏曲。トーレは晩年リウマチをわずらい演奏家としてはリタイアを
余儀なくされてしまうのですが、若い時の録音を聴く限り名手であることに
間違いなく、この作品もその音楽性・テクニックにこたえんとして
気合が入っています。

現代曲ですが、わかりやすく楽しんでいただける名曲と思います。

ほかに新しいプログラムはシューベルトの4つの歌曲(「子守歌」
「あふるる涙(冬の旅から)」「野ばら」「楽に寄す」など耳優しく
心に響く曲をえらびました。たのしい一晩にしたいと思っています。

 2017/6/29 大谷 環

<プログラム>

G線上のアリア(バッハ)/

4つの歌(シューベルト)子守唄~あふるる涙~野ばら~楽に寄す/

無言歌とカンツォネッタ(メンデルスゾーン)/パッサジオ(菅原明朗)/

メヌエットとロンド・アレグレット(ソル ソナタop.22から)/

ミランの主題による6つの変奏曲(ニン=クルメル)/

子守歌とドビュッシー讃歌(デ・ファリャ)/

アラビア風奇想曲(タレガ)/コルドバ(アルベニス)


 おすすめコンサートへ戻る

     G&M ギター・ウクレレスクール
ギターshop G&M  Map   Car Map
HOMEへ  【お問合せ・ご注文は】